新宿コマで 「We Will Rock You」

八月納涼歌舞伎のチケットが取れなかったので、その予算を使って行って来ました!
新宿コマ劇場「We Will Rock You」昼の部
Queenの曲を使ったミュージカルということで、Queenフリーク(古いな)
としては気にはなっていましたので。
私の青春はQueenとともにありました。(年がバレますね)
今でも毎日のように聞いています、ハイ。
どちらかというと初期のデコラティブな曲が好きです。

b0027579_20541981.jpg


最初は娘と一緒に行こうかと思っていたのですが、二人ともに拒否されてボツ。
友人を誘って行こうかとも思ったのですが、
もしもつまらなかったら友人に悪いし(チケット高いし)
忘我の境地で歌い踊る(かもしれない)我が姿を見られるのもちょっと恥ずかしいし、
で一人で行ってまいりました。

コマ劇場は数年前に娘たちを連れて「シンデレラ」を見に行って以来ですが
改装されていて、オーケストラボックスはなくなり、両袖(?)に
バンドが入るブースが出来ていました。
席はわりと後ろの方だったのですが、かえって字幕も見やすくよかったです。
周りを見回すとマチネーのせいもあってか、若い人より私くらいの年代の人が多かったですね。
子どもと一緒だったり夫婦や友人同士で来ていたり。
うちも無理やりにでも娘を連れてくればよかった、と思いました。
ロビーにはフレディの衣装(意外と小さい、全身タイツだから(笑 というのはナシね)
やブライアンのギター(オリジナルかコピーかは書いていなかった、たぶんコピーだろうな
でもそこが肝心だろ!ちゃんと書いておけ!と突っ込みたかった)、
プラチナディスクなどが飾られたコーナーもあって、
私くらいのおじさんおばさんが熱心に見入っていました。
私もしみじみ見ちゃいましたよ。

肝心の舞台ですが、青春をQueenと過ごした私にとってはすごく楽しい3時間でした!
なんと言っても
「流れる曲全てをフルコーラス歌詞カードを見ずに歌える(笑 」
わけですから。
字幕も出ますが、ストーリーはあってないような…
(楽器が禁止された未来社会で、一人の青年が自由な音楽を取り戻す)
「Queenの曲をいかに自然につなげて話を作るか」というのにウエイトが置かれていました。
あと、セリフにもQueenや他のロックスター(私がわかったのはB.Springsteenだけですが)
の歌詞がちょこちょこと使われていました。

で、すごく楽しくて曲も口ずさんでいたのですが難点が一つ。
私の座席の列、私しかいないんですよ(涙  隣がず~っと空いてるの。
これだと時々素に戻ってしまってちょっと恥ずかしいんですね。
しかも、舞台に向かって右側の人たちはわりとノリが良く(リピーターでしょう)
口笛も歓声も手拍子も大きく、「楽しんでる感」が伝わってくるのですが
私(左側)の周りの人たちのお行儀の良いこと!
前の若い女の子は手を膝において(!)鑑賞しているし、後ろのカップルもシーンとしてるし、
そんな中おばちゃんだけ(私だ)が、手を叩き歌ってるという…。
(本当はサイリウムライトも振ろうと思って買ったのですが、
さすがに一人では恥ずかしくて理性がジャマして振れませんでした)
古い言葉(「ローディ」とか「グルーピー」とか)や60~70年代のロックスター
の名前がけっこう出てくるし、Queenの曲も微妙に古かったりちょっとだけマイナー
(いわゆるCM曲でもドラマのテーマソングでもない)なのも多かったので、
若い人だと今一つわからなかったかも、と思います。
(その分、私たち世代にはいちいちツボにはまるのですが)

エンディングの「ウイ ウィル ロック ユー」「ウイ アー ザ チャンピオンズ」
アンコールの「ボヘミアン ラプソディ」「ボーン トゥ ラブ ユー」では
観客総立ち、口笛と歓声止まず…でした。

夜の部だともっと観客が総立ちになるのが早いのでしょうか?
そう思うと夜の部も見てみたいかも。
[PR]

by redguppy | 2005-07-28 20:46 | お出かけとお買い物