<   2006年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

国立劇場 當世流小栗判官 第一部 3/21

歌舞伎座でイヤホンガイドの案内を読んだらなんと、今月の国立劇場の歌舞伎は、
以前見てとても面白かったスーパー歌舞伎「ヤマトタケル」の出演者がほとんど総出演の
「當世流小栗判官」ということで、急遽チケットを買って行ってきました。
さすが国立劇場、お値段お手ごろで助かります。


あらすじはこちら


あ~、やっぱり面白かった!急遽行ってよかったです。
最初に人間関係の説明が口上としてあるのもわかりやすかったし
主役の二枚目小栗判官役の市川右近さんが、
二幕目では汚い(失礼)三枚目の橋蔵役で、引っ込む時に
「だからこんな役やりたくなかったのに。一幕目では馬に乗って
颯爽と引っ込んだのに、今度は杖ついてヨタヨタと…これも師匠が古い文献
調べるのが好きで前例があるからだそうで、ロビーで売ってる資料集にちゃんと
でてるそうや、ほんに泣く子と師匠には勝てんわ…」とぼやくところも大うけ。
切腹に見せかけて照手姫の父郡司を郡司の実の弟(大膳)と甥たち(二郎、三郎)
が殺すところなど、身の毛もよだつようなところもありましたが(ここは本当にこわかった)
全体的にテンポがいい、飽きない、わかりやすい。

第二部は天馬に乗っての宙乗りがあるのですが、見られなかったのが残念。
ぜひ通しで見たかった。
再演があったら、絶対に行きます。

段治郎さん、素顔より歌舞伎のメイクをした方が数倍男が上がるのはなぜ?
(輪郭かな~、右近さんはそんなに変わらないんだけどね)
[PR]

by redguppy | 2006-03-24 17:25 | 観たもの | Comments(4)

歌舞伎座 三月大歌舞伎 3/10

先日、実家の母の誕生日プレゼントとして、歌舞伎座の三月大歌舞伎に行ってきました。
がんばって前から2列目の通路脇を取ったのに
「7、8列目の方が見やすいのよね~」とか言わないでほしい
…年寄りはワガママでいかんわ。

あらすじはこちら

吉例寿曽我
イヤホンガイドとともに鑑賞していたのですが、
それでもよくわからなかった…。情けない

吉野山
中村福助が静御前、松本幸四郎が静御前の持つ鼓の皮となった親狐を慕う
子狐が化けている従者(忠信)なのですが、この人ちょっとお堅い感じなので、
「子狐」というのがなんか違和感があるというか、忠信は静御前の従者で
静御前は主人(義経)の恋人なので、恋人同士に見えてもおかしいのですが
それにしてもちょっと堅いかな~~、と。
母は「幸四郎を生で見たのは初めて(実は私も)」と喜んでおりました。

道明寺
母お目当ての片岡仁左衛門が木像(が化けた道真)と生身(の道真)の
二役を演じるのですが、最初に木像役で出てきて座ったまま90度回る時
の動きがまさに「人形が動いてる」という感じで、目を奪われました。
[PR]

by redguppy | 2006-03-21 16:35 | 観たもの | Comments(2)

3時間並んで

b0027579_23564569.jpg

買っちゃいました。
任天堂DSライト。
いえね、「えいご漬け」と「脳を鍛える大人のDSトレーニング」
がやりたかったんですよ、テレビのCMでさんざんやってるじゃないですか。
面白そうだな、と。
で、本体を買いに行ったのですが、全然売ってない。
暮れから1月くらいまでも品薄だとは聞いていましたが、
私がビックカメラに行くたびに「本日DS入荷しました!」と
お店のお兄さんが絶叫してて全色揃ってたのに
(たまたまそういう日に行き合わせていたらしい)、いざ買おうと思うとない。
我が家ではこれを「球場のビール売りのお姉さんの法則」と呼んでいます。
いらない時はしつこいくらい来るのに、いざ飲もうと思うとぷっつり来なくなる。
で、こうなったらいっそのこと朝並べば確実に買える新製品のライト
の発売日を狙うしかない、と。
娘2を学校に送り出してから即行で出発、8時半に並んだのですが
すでに350番台。
それでも買えるとビックカメラのお兄ちゃんが保証してくれたので
そのまま行列に。
9時半から販売が始まったのですが、買えたのは11時半。
レジが3台しかないんだもん、ヒドイ。

で、さっそくやってみました。脳年齢

私  48歳
娘1 41歳

さあ、あとは若返るだけよ(笑)!
[PR]

by redguppy | 2006-03-02 23:59 | お出かけとお買い物 | Comments(8)