タグ:おでかけ ( 20 ) タグの人気記事

娘2と二人旅 高松篇

朝食もうどんにしようと思ってホテルを出てウロウロするものの、早朝からやっている
うどん屋はもっと地元の人しかわからないところにあるらしく見つからず。
「はなまるうどん」はやってたんだけど、東京で時々食べてるしなー、
で、9時まで待って三越近所の「根っこ」で親切なおばちゃんおススメの温玉ぶっかけ
プラス海老入りかまぼこ。
b0027579_1437035.jpg


本当は、そのまま高松市美術館に行きたかったのに、
なんの因果か、高松に向かう琴電の車内吊り広告で、娘2が
「高松三越でジャンプショップ期間限定開店」なんていうのを
見てしまったばっかりに開店と同時に三越に行く羽目に。
あのー東京ドームシティにもジャンプショップくらいあるんですけど。
まあとても生き生きしていたので良いでしょう(笑)

それから満足した娘2と二人で高松市美術館へ。
娘2のお目当てはイサムノグチの作品だったのですが、常設展が閉鎖中で見られず。
開館20周年記念 コレクション+(プラス)ひびきあう音・色・形を観てきました。
奈良美智さんの作品を思いがけずたくさん見られてラッキー。
年少さんくらいの子達が3,4人お母さんと一緒に鑑賞してたのですが、
みんなお行儀がよくてとてもかわいかったです。
金沢健一さんの「音のかけら」で楽しげに遊んでました。
娘2も一緒になって遊んでました(笑)

出たところに「かな泉」といううどん屋があったので、お昼に。
私はしょうゆうどん、娘2はカレーうどん。
東京と違って、カレーうどんはうどんに普通のカレールーがかかってました。

店から出た後で、なんか機嫌が悪いなーと思っていた娘2に
「うどんうどんっていいかげんにしてくれ!」

とマジギレされました。
世の中には2泊3日うどんが続いても、疑問に思いこそすれ文句を言ったりしない
よい5歳児ちゃんもいるというのに

なんなんだコイツは!
[PR]

by redguppy | 2008-08-20 14:37 | お出かけとお買い物 | Comments(6)

娘2と二人旅  イサム・ノグチ庭園美術館篇

琴電琴平から1時間弱、2両編成の電車に乗って瓦町(高松市内)へ。
そこからタクシーに乗り換え、イサム・ノグチ庭園美術館へ。
前もって往復はがきで日時指定の予約制のため、絶対に遅刻するわけにはいかず
電車やバスだと道がわかりにくく迷いやすいので、タクシーで行ったのですが…、
タクシーの運転手さんも迷いました。
「いやー、地元の有名な人だから名前は聞いたことあるんだけど
行くのは初めてだからなー」 とのこと。
案内板もほとんど出てないし、道も細いしでわかりにくい事この上ないです。

時間になると、美術館の人に案内されて屋外のアトリエと道具などを置いていた蔵
収蔵用の蔵、その後家(住んでいたのは春と秋の季節のよいときだけだったそうですが)と庭へ。
写真撮影禁止だったので、画像はありませんが不思議な空間でした。
以前東京都現代美術館で見た「エナジー・ボイド」が蔵に置かれていたのですが、
現代美術館の吹き抜けの明かりの中にあるより、こっちにあった方が
「おうちでくつろいでいる」感じで好きだわー、と思いました。
係の人に聞いたら、東京まで運ぶのは相当大変だったそうです。

じっくり見た後にバスに乗ってホテルまで。
その後、「神童ろ」という居酒屋で夕食後、爆睡。
[PR]

by redguppy | 2008-08-19 14:13 | お出かけとお買い物 | Comments(0)

娘2と二人旅 琴平篇

高松空港から連絡バスで琴平へ。
天気予報ではずっと最高気温34℃くらいだったので心配していたのですが
薄曇りで涼しい。
車窓からはため池がたくさん見えました。小学校で習ったとおりだ。

40分ほどで琴平へ。
ついた瞬間から雨。すぐにやんでくれて助かりましたが、けっこう激しかった。
b0027579_13554848.jpg

二人でこんな感じの階段をふうふう言いながら登ります。
振り返るとこんな感じ
b0027579_1358026.jpg


本殿で力尽きたので、お守りを授与していただき、奥社はお参りせずに下山。
b0027579_147269.jpg



娘2がけっこう楽しそうに登っていたのが非常に印象的。

下りてから参道の「こんぴらうどん」で昼食をとって、琴電琴平駅へ。
[PR]

by redguppy | 2008-08-19 13:57 | お出かけとお買い物 | Comments(2)

娘2と二人旅 2回目

昨年に引き続き、今年も娘2と旅行に行ってきました。
仕事で忙しい夫、部活やらデートやらで忙しい娘1を置いての二人旅。
行き先は、四国は香川県。
琴平→高松→直島 のルートで2泊3日。

宿泊つき激安航空券パッケージツアー プラス
清水の舞台から飛び降りるつもりで直島ではベネッセハウス。

全体的に歩き倒した3日間でしたが、幸い意外に涼しく、文句が多い娘2も
わりと言うことをきいてくれてなんとかなりました。
[PR]

by redguppy | 2008-08-19 13:30 | お出かけとお買い物 | Comments(4)

Augusta Camp 2008 ~オーガスタキャンプ2008~

同窓会は早めのランチだったので、その後大急ぎで電車に飛び乗り
一路西武ドームへ。
去年に続いて今年もオーガスタキャンプだ!
(娘2は前座からきっちり観たいタイプなので、夫が先に送り届けてます。)

ちょっと遅刻してしまったのでオープニングと秦基博が見られませんでした
(シクシク)が、10時近くまで楽しみました。
今回はスタンド席だったのですが、オバサンのんびり観たい私には
かえって良かったかなー。アリーナと違って飲食物持ち込み自由だし。

まさやんの真夜中の「Boon Boon」の中での叫び

「だけど涙が出ちゃう、だってオッサンなんですもの!」

に思わずツボってしまいました。

去年は「全力中年」歌ってたなー
(ちなみに歌詞は
「積み上げたキャリアぶっ壊して~♪お酒で身体ぶっ壊して~♪
付きまとうのは加齢臭~♪あと10年できたらいいなぁ~♪」
でした、確か。)

COILの佐藤洋介さんが、せっかくの10周年なのに
体調不良で出演できずに本当に残念でした。
去年のオーキャンで初めて聴いて、今年は10周年でぜひ観たかったんですが。
CDも買って予習してたんだよー。
来年も行かなきゃ。娘2も付き合ってくれるって言うし。




来年のための持ち物覚書

ペットボトルのお茶は完全に凍らせてしまうと持ちが良すぎてなかなか飲めない
が、首筋を冷やしたりするのにも使えるののが利点
(今年はわりと涼しかったのでそれもあるかも)

首筋を冷やす保冷剤入りのタオル(ネックール)はすぐに溶けるので予備がいる。

ぬらすだけで使える光触媒ネッククーラーとかいうのが割と良かった。
(娘2には不評)
保冷剤で冷やしておくと効果倍増

バッグの他に手荷物をまとめて入れられるエコバッグのようなものを持っていくと
便利。

小さいポシェットを持っていくと、財布と携帯などを入れておけるのでライブ中に
荷物から目を離してても安心。

小さいビニールシートを足元に敷いて、靴を脱いで観ていた人がいたが
ラクそうでよかった(特にヒールを履く女性には良さそう)。


[PR]

by redguppy | 2008-07-27 12:47 | 観たもの | Comments(0)

東京マラソン

天気がいいので応援に行ってきました。
子どもはついてきてくれないので、一人です。
午後1時ごろ(開始後4時間)の銀座(34kmあたり)はまったりした雰囲気。
みなさん普通の顔して走っているのに驚きました。係の人に写真撮ってもらったり
ケータイで応援の友達と場所を打ち合わせながら走ってる人や
彼女を見つけて寄って行って「俺もうダメかも~」とか甘えてる人もいたし(笑)。
友達や家族を応援しに来ている人が多くて、私も隣に並んでいた奥様の
お嬢さんを一緒に応援したり、芸能人を見つけたりしてました。
応援が終わると「次は豊洲だ!急げ!」と叫んで去っていきます。
応援する方も大変だ。
仮装している人も多くて、見ているだけでも楽しかったですよ。

b0027579_16281719.jpg
b0027579_16283123.jpg

  ピングーとピンガ                     木枯らし紋次郎


b0027579_16283970.jpg


見つけた有名人(見かけた順)

玉袋筋太郎(浅草キッド)

↓30分くらい空く

荻原次晴(元オリンピックスキーノルディック複合選手、スポーツコメンテーター)

森麻季(日テレアナウンサー)
勝俣州和                   この3人はほぼダンゴ
川田広樹(ガレッジセール)

↓また30分くらい空く

羽鳥慎一(日テレアナウンサー)

有名人の周りはスタッフがいるのでけっこう見つけやすかったです、はい。
玉袋さんはスタッフ1人だけで、ほとんど気づかれず私も背中に自分で貼ったらしい
「玉ちゃん」の名札を見て気づきました。
荻原さんはさわやかでした。
森さん、カッちゃん、川田さんはニコニコ元気いっぱい。
羽鳥さんは半分死んだような顔で、ほとんど徒歩状態。
沿道の声援にも応える余裕はあまりありませんでした、明日の朝大変そうだ。
[PR]

by redguppy | 2008-02-17 16:23 | お出かけとお買い物 | Comments(2)

金沢

娘2と金沢へ行ってきました。
1泊2日の強行軍、暑かった。

今回の目的は金沢21世紀美術館スイミング・プールを見ること。

b0027579_1174773.jpg


これです。
沈んでいる人たちは「ものすごく肺活量のある人たち」ではありません。
下から見ると

b0027579_1191849.jpg


のようになっております。

もうこれを見ただけで今回の旅の目的の85%くらいは達成してしまいました。
この美術館、建物自体もすてきでした。
外から見るとこんな感じ。
b0027579_11123163.jpg

茂っている草はアサガオで
日比野克彦アートプロジェクト「ホーム→アンド←アウェー」方式「明後日(あさって)朝顔プロジェクト21」
のもの


この後県立美術館の浮世絵展を見て、夜はn-tomomaさんに教えていただいた
五郎八で夕食をとり、翌日は兼六園→観光会館でガラスのハンコ作り→
武家屋敷とまわって帰ってきました。
五郎八で「金時草」という地野菜のおひたしを初めて食べました。
お店の人に聞いたら、ゆでる前の葉っぱをわざわざ持ってきて見せてくれましたが
けっこうしっかりした葉で表は緑、裏は紫、ツルムラサキみたいな感じですが
ヌメリもくせもそれほどなく、おいしかったです。東京では買えないのかしら。

金沢は初めてでしたが、大きすぎず緑が多くて、食べ物もおいしく良い街だな、
という印象を持ちました。娘2は「住みたい」と言っておりました。
[PR]

by redguppy | 2007-08-03 11:28 | お出かけとお買い物 | Comments(13)

オーガスタキャンプ

行ってきましたオーガスタキャンプ。

コンサート初体験の娘2を連れて、グッドウィルドーム(西武球場)まで。
前から娘2に「山崎まさよしを生で見たい」と言われていたものの、
いきなり長丁場のオーガスタキャンプで大丈夫かな、とちょっと心配
だったのですが杞憂だったようです。
普段はおとなしい娘2が、初めての歌手の曲もノリノリで聴いている
のを見るのもうれしかったし。
1時から9時近くまで、疲れたけど楽しかった!

娘2は、初めて生の山崎まさよしを見て感激してました。
堺正章の「さらば恋人」って、今聞いてもいい曲ですね~。
筒美京平トリビュートアルバム「the popular music」に入っているそうで
娘1にツタヤで借りてきてもらおうかな。
”One more time, one more chance” をやるとは意外だったけど
キャンプはまさやんの曲をあまり知らない人もたくさん来ているし
今年は「秒速5センチメートル」の主題歌にもなったことだし。
そう思うとこの選曲も納得。娘2も喜んでおりました。

私は元ちとせのかわいらしさに、ちょっとやられちゃいました。

雨男と呼ばれているスガシカオの出番の時に雷と豪雨が襲ったのもご愛嬌。
グッドウィルドームは屋根がついているだけで、横が開いているのですが
アリーナ席の私達のところまで雨が降りこんでくるくらい!
今年は「スガシカオ10周年記念」だったので、サプライズで会場全員で
昔なつかしの甲子園のPL学園風、または北朝鮮風(笑)に
ボードを掲げて「SUGA 10」の文字を作ったのですが、自分達では
全然見えなかったので、テレビで放映されたらぜひ確認したいですね。

今度は12月の中野サンプラザか渋谷CCレモンホールだ。
娘2、期末テストがんばれよ
[PR]

by redguppy | 2007-07-29 23:22 | 観たもの | Comments(6)

八月納涼歌舞伎+α

納涼歌舞伎に。
今回は、夫以外の人とのデートでしたの。
しかも前から3列目ほぼ中央という良席で。
ホホホ


第一部
あらすじはこちら

慶安太平記
母が先に見ていて、「橋之助がよかった」と聞いていたのですが、予想以上に良かったです。
立ち回りがすごい迫力でした。これを二十日間やってるなんて、すごすぎ。
私が鴨居ふりまわしたら、翌日は筋肉痛で絶対に腕が上がらないわ。
捕り手が放射線状に縄を橋之助にかけて回るところが、娘1の運動会の時の
ダンス(メイポール)を思い出させて、ちょっと笑ってしまいましたが(いけませんね)


近江のお兼
福助さんの踊り。怪力だけど愛らしい田舎娘の感じがよく出てました。


たのきゅう
わかぎゑふさん新作舞踊劇、ということで楽しみにしておりました。
おろち(染五郎)、悪役なのですが演出のせいもあってちょっと間抜けで
なんか憎めなかったですね。

初舞台の坂東小吉くん、最初のセリフのところでは月初めからの疲れが出たのか
ちょっと足元がきっちりしていないようでハラハラしておりましたが、
「とんとん踊り」になってびっくり!上手い!手足がぴしっと決まってました。



さて、本日のデートのお相手は
「Wahaha HAHA Life ~かーちゃん業は楽しい、たぶん、きっと」
のmkumanoさんでした。
え、デートじゃなくてオフ会だろうって?いえいえ。
だってその後銀ブラもしたし、ライオンでビールも飲んだし
大変楽しい一日でございました。



mkumanoさん、お誘いいただきありがとうございました。
ぜひまたご一緒させてくださいませ。
[PR]

by redguppy | 2006-08-25 22:27 | 観たもの | Comments(2)

三越歌舞伎

母と一緒に三越歌舞伎へ。
母はスーパー歌舞伎以来、市川段治郎さんファンなので。
国立の小栗判官を私一人で見に行っちゃったことは内緒になってます。

劇場が狭いので、花道がなく舞台の脇にちょっと通路を作ってそこから
出入りしてました。

「車引」
去年の勘三郎襲名公演で同じ演目を見ましたが、
こちらのほうが舞台が狭いので桜丸、梅王丸、松王丸が並ぶともう満員って感じでした。
江戸時代の芝居小屋の大きさだとこんな感じだったのでしょうかね。

「女殺油地獄」
私がうら若き女子高生だったころ、生まれて初めて見た歌舞伎が
国立劇場の「歌舞伎鑑賞教室」の「女殺油地獄」。
しかも、与兵衛が「片岡孝夫(当時、現片岡仁左衛門)」!
あの時、仁左衛門さんが高校生相手にでも一切手を抜かず、
すんばらしい与兵衛を見せてくれたおかげで、ここに一人いまだに歌舞伎に通っている
おばさんが誕生したわけです(笑)。


三越劇場初めて行ったのですが、戦前からある劇場のせいか
座席があまり傾斜してないので一階の後ろの方だった私たちはちょっと見にくかったです。
昔は日本髪結ってる奥様も多かったでしょうから、もっと見づらかったでしょうね。
天井や壁のステンドグラスなんかは見事でした。で、その中で歌舞伎っていうのも
なかなか面白かったです。
劇場と同じフロアは「特選品売り場」なんですよ。考えてあるな(笑)。
宝石とか高い服とかがゆったりと並べられてて、店員さんも格調高いの。
床も大理石張りだし、私の行きつけの池袋の某デパートとは雰囲気からして大違い(笑)。
ちょっと居心地悪かったです。人間分相応が一番だ。
[PR]

by redguppy | 2006-06-14 08:49 | 観たもの | Comments(2)